2018/12/12
TaroWashimi  



久しぶりにTaroWashimiの

シルバーアクセサリーが店頭に並びました!



入荷するとすぐに完売してしまい、

次の入荷は一体いつになるんでしょう・・・?

という状況が続いております。



デザイナーの鷲見太郎氏が

一点一点、自らの手で

切り、叩き、削り、磨き、整形していく

魂のこもったオリジナルのジュエリー。



そのこだわりの工程は

自身の思想を具現化するためのものですが、

やはり、時間がかかります。



こだわった品を少しづつ製作し続ける

TaroWashimi。



残念ながら、

その魅力的な品を

一同に見る機会は多くはありません。



是非、この機会にご覧になって見てください、

宜しくお願いします。

2018/12/10
ADDICT CLOTHES JAPAN
HORSE HIDE BOOTS
 





ADDICT CLOTHESが提案する

ブーツシリーズに、新たに加わったホースハイド。



レザースペシャリストとして

様々なレザーを手掛けるADDICT CLOTHESが

ブーツ用に仕上げたホースハイドは、

芯通しの仕上げとなっています。



既に販売されているステアハイドは

茶芯仕上げですので、

履き込んだ先の表情は

全く異なります。



この仕上げの違いは、

ホースハイドの魅力と特徴からくるものでしょう。



ホースハイドはそのキメの細かさから、

使用することで現れてくる光沢が

魅力のひとつです。



その光沢を十分に楽しむために

芯通し仕上げを選択したのでしょう。



また、ホースハイドは

柔軟性に優れていていますが、

牛革よりも伸びが少なく、その形状を

保とうとする力があります。



味の出たライダースジャケット等の

ホースハイドとその他のレザーを比べてみると、

ホースハイドがシャキッとして

見えるのではないでしょうか?



もちろん、その革の鞣し方や

仕上げによって差異はあるのですが、

多くのイメージはこれに沿うことかと思います。



上質なホースハイドに、

ブーツに適した仕上げを施すことで、

履き込んだ先には、鋭い光沢とメリハリが

素晴らしい経年変化を魅せてくれることでしょう。



既にリリースされているステアハイドのブーツとは

また違った魅力があるブーツに仕上がっています。

是非、履き込んでみてください。

2018/12/03
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2018
HIDE MOTORCYCLE
 







本日は、YOKOHAMA HOT ROD

CUSTOM SHOW、楽しそうでしたね~!



相変わらず行けませんでしたが、

皆様のインスタグラム画像等で

楽しんでおりました(笑)



個人的に、

HIDE MOTORCYCLEの

ホームページブログを頻繁に

見ていたものですから、

最終、ベールに包まれたバイクが

一体どんな仕上がりなのか、

気になってしょうがない状態でした(笑)



もちろん、実物はさらに凄いのでしょうけれども、

画像だけ見てもやっぱり素敵です~っ!



いつか機会があれば、

実車を見たいですね!



2018/12/02
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2018  

本日は、YOKOHAMA HOT ROD

CUSTOM SHOWですね!



いや~楽しそうです!

仕事柄、なかなか行けませんが、

機会があれば是非、行ってみたいです!


行っている方々、

Gussetに来て頂いた際には、

是非土産話を聞かせてくださいませ!

宜しくお願いします。